身近な存在!タクシードライバー

タクシードライバーという選択肢

ドライバー職のひとつに、タクシードライバーが挙げられます。人を運ぶ仕事で、あまりタクシーには馴染みがない人でも、おおよその仕事内容を想像しやすいはずです。運転が好きな人はもちろん、人と接することが好きという人にもおすすめの仕事です。日々、様々な利用客を乗せる中、その時々の会話を楽しみつつ、プロドライバーとしての接客サービスも提供していきます。もちろん安全運転が原則で、安心をして乗車してもらえるような丁寧な運転を心掛けましょう。自身の行動次第でその日の売り上げも違ってくるため、自分の力を試したい人にも打ってつけです。変則的なシフトを持つ仕事でもあり、慣れるまでは大変かもしれませんが、しっかりと休日を確保しやすいという魅力があります。

第二種運転免許がなくても応募可能

タクシードライバーとして働くには、第二種運転免許が必要です。ただ、取得には安くない費用も掛かりますので、自費で用意をするのは難しく感じることもあるでしょう。しかしその点は安心することができます。中には運転免許の取得支援を用意しているタクシー会社もあり、会社負担で取得を目指すことが可能です。その場合は合宿免許に参加することが多く、短期間で免許を手に入れることができますよ。人材不足にあえぐ業界でもあるため、こうしたサポートを用意してドライバーの確保に努めているタクシー会社が少なくないのです。したがって免許がないからと諦める必要はないですし、求人も比較的豊富ですので、応募先も見付け出しやすいのではないでしょうか。