長距離を走る!トラックドライバー

体力や運転技術に自信がある人は高収入を稼ぐこともできる

長距離を走るトラックドライバーは、日によって勤務時間が不規則になったり、渋滞などの影響で思い通りに休憩が取れなかったりすることがありますが、体力や運転技術に自信がある人ならば高収入を得やすいという魅力があります。特に、大手の運送会社に正社員として就職をする場合には、基本給や業務手当、ボーナスなど様々な面で派遣社員やパート社員と比べて優遇されることがあり、定年まで安心して働くことも可能です。 最近では、長距離のトラックドライバーの確保に向けて、毎月の休日の日数を見直したり、中途採用のドライバーを高待遇で採用したりする運送会社も少なくありません。そうした中、自分に合った会社を探すうえで、早い段階から運送業界で実績がある会社の取り組みやドライバーの働き方を調べておきましょう。

現場で経験を積んでから運行管理者などの責任者を目指せる

長距離のトラックドライバーが在籍する運送会社の中には、一人ひとりのドライバーの年齢や経歴、スキルなどに応じてキャリアアップの支援を行っているところも多くあります。たとえば、ドライバーとして働きながら運行管理者をはじめとする現場の責任者を目指せるシステムが整っている運送会社は、キャリア志向の強い求職者から注目が集まっています。また、将来的にトラックドライバーの経験を積んで会社の経営に携わりたい人は、ベテランのドライバーや管理職候補者を対象とした研修に力を入れている職場を見つけることが大切です。その他、就職活動中に実際に長距離のトラックドライバーから管理職に就いた人の体験談を参考にするのも良いでしょう。